実習生見出し350C.jpg

技能実習生事業とは

日本の優れた技術と日本語を学ぶ目的で、実習生として日本で3年間働きます。この制度は国の制度です。
当組合では毎月ベトナムで面接を行っています。現地スタッフも充実しており、既に多くの組合員企業で実習生を受入れして、大きな成果を上げています。面接/視察にも当組合スタッフが同行いたします。
採用後の様々な問題に対しても組合と現地の専門スタッフ及び通訳が対応します。

受入の不安について

いざ実習生を受け入れるとなると、言葉の問題や生活習慣の違いなど多くの不安があると思います。しかし、親元を離れ一人で日本に働きに来る実習生は受け入れ企業以上に不安を持ってきます。現実に逃亡やトラブルの話も聞きますが、はじめからトラブルを起こそうと思って来日する実習生はいません。トラブルの原因の多くは、寂しさ・不安といったものからきています。私たちトーコーネットワークは受け入れ企業・実習生双方の不安を少しでも多く取り除くことができるよう、多くの成功事例から学んだ経験とアイデア、専門スタッフと通訳でサポートしていきます。安心ししてお任せ下さい。

近年の実習生事業の動向

上記経済産業省のコメントにもある通り、ここ数年は中国人実習生を受け入れている会社からの「中国人実習生をベトナム人に切り替えたい」といいうお問い合わせが増えています。
また、東京オリンピック関連の建設業、東北の除染関連のお問い合わせも非常に増えています。
この動向を踏まえてトーコーネットワークでは実習生事業の専門スタッフを増やすなどして対応していますので、「中国人からベトナム人へ」「建設業」「除染などの相談」についてもお気軽にお問い合わせください。

「少人数だからこそ実現できる安心」
そんなプランをご提供します

fb1.jpgfb1.jpg

ETC情報や実習生の面接・入国や日常生活の様子など随時更新しています。

photo2.jpgphoto2.jpg

実習生事業の事例紹介や写真レポートです。

Video2.jpgVideo2.jpg

ETC事業や実習生事業はもちろん組合の様々な事業について動画で紹介しています。