実習生見出し350C.jpg

7.jpg

基本1 面接は現地で受入れ企業さまと一緒にします。

面接は現地で受入れ企業さまと一緒にします。面接は現地(ベトナム)で受け入れ企業様と私どものスタッフ、現地スタッフ、通訳で行います。その際にベトナムの生活や学校での授業風景を見学していただきます。受け入れ企業の方が直接面接することで、その後のコミュニケーションが円滑になります。顔を見ないで書類だけで選考することはおすすめできません。

基本2 面接合格後4ヶ月間全寮制の学校で学びます。

面接合格後4ヶ月間全寮制の学校で学びます。面接後はすぐに全寮制の学校(スレコ)に入学して日本語や日本の生活習慣を学びます。また、日本で使われている家電製品(洗濯機など)やガスコンロなどを実際に使用して寮生活をおくります。受け入れ企業様は最低限学んできて欲しい専門用語などを事前に指示してください。学校はいつでも見学できますので、4ヶ月間の間に採用した研修生を見ることができます。

基本3 入国の際には受入れ企業さまも成田で迎えてあげてください。

入国の際には受入れ企業さまも成田で迎えてあげてください。ベトナムの出国には当組合スタッフ、通訳が付き添います。成田では組合スタッフだけでなく受け入れ企業様も一緒に研修生を迎えてあげてください。初めての飛行機、初めての日本で顔を見たことがある社長に会うと研修生は安心し、迎えにきてくれたという気持ちを持たせることも大切です。

基本4 入国後すぐに国内研修を行います。

入国してすぐに国内での研修を始めます。日本語はもちろん、日常の買い物やルール、寮での生活について、受け入れ企業様の規則などを指導します。

基本5 研修後も1週間に1度は顔を見に伺います。いつでも組合スタッフと連絡がつきます。

研修後も1週間に1度は顔を見に伺います。研修終了後も最低1週間に一度は組合スタッフが顔を出して研修生に声をかけます。必要なときにはいつでも通訳と話ができる体制になっています。

基本6 現地で父母会を行っています。

現地で父母会を行っています。当組合主催で父母会を行っています。研修生はとても貧困で遠方からきています。研修生の家族は父母会のために多額の交通費と時間(遠い方は丸一日かけて)父母会に参加します。父母会では研修生が元気に働いている姿や、日常生活の模様を写真やビデオで紹介します。可能であれば受け入れ企業様も参加していただけるととても喜ばれます。

基本7 家屋の寄付など国際協力にも積極的に取り組んでいます。

家屋の寄付など国際協力にも積極的に取り組んでいます。私たち協同組合トーコーネットワークは、研修生事業を通じてベトナムの方たちと深いつながりを持つようになしました。ベトナムはまだまだ貧困な地区も多く、たくさんの援助を必要としています。組合としてはもちろん、スタッフ個人でも国際協力に積極的に取り組んでいます。

「少人数だからこそ実現できる安心」
そんなプランをご提供します

fb1.jpgfb1.jpg

ETC情報や実習生の面接・入国や日常生活の様子など随時更新しています。

photo2.jpgphoto2.jpg

実習生事業の事例紹介や写真レポートです。

Video2.jpgVideo2.jpg

ETC事業や実習生事業はもちろん組合の様々な事業について動画で紹介しています。