実習生見出し350C.jpg

協同組合トーコーネットワークでの研修生受入の流れについてご案内いたします。

研修生受入準備
*組合加入から実習生の受け入れ・配属までには約4~6か月かかります。お早めにご相談下さい。


1.トーコーネットワーク加入申込

2.面接のための準備・打ち合わせ
ベトナムでどのような面接試験を行うか、受入企業様の要望を伺いながらアドバイスいたします

3.ベトナムにて選考及び面接
選考及び面接現地送り出し機関推薦の候補者から書類選考及び面接

4.面接後すぐに合格発表。合格者は送り出し機関にて教育開始。
(教育内容についても、受入企業様の要望を取り入れています。たとえば「仕事のための専門用語を教えておいてほしい」「ミシンは使える状態にしておいてほしい」などです)

5.受入申請(組合)
組合事務局にて必要書類作成、JITCOへ提出。

6.入国許可認定証明書取得(組合)
入局管理局より入国許可認定証明書発行。

7.査証(ビザ)申請・取得(組合)
組合事務所が必要書類を作成し、現地日本領事館へビザ申請を行う。

研修生入国後

8.健康診断
入国後すぐに健康診断を行います


9.非実務研修
実習生専門学校にて非実務研修:約1ヶ月の日本語・生活学習などを行います。

10.受入企業にて研修
実習生受け入れ企業先において研修カリキュラムに沿って研修実施。
組合スタッフと通訳が行います。この時に消防署や警察署の協力で火災対応や交通ルールも学ばせます。手配は組合で行います。


11.職場配属

12.受入1年後 技能検定試験実施
技能検定試験実施技能実習生への移行はJITCOの指導のもと技能検定試験を受験。合格者は受入企業と雇用関係を結び、日本人従業員と同様の条件の下技能の習熟度を高めます。

13.研修生・技能実習生帰国
3年間の研修及び技能実習終了後帰国

「少人数だからこそ実現できる安心」
そんなプランをご提供します

fb1.jpgfb1.jpg

ETC情報や実習生の面接・入国や日常生活の様子など随時更新しています。

photo2.jpgphoto2.jpg

実習生事業の事例紹介や写真レポートです。

Video2.jpgVideo2.jpg

ETC事業や実習生事業はもちろん組合の様々な事業について動画で紹介しています。